誘拐嫁入り−キルギスの不思議な慣行

 中央アジアに位置するキルギス調和世界中には、邦人にとっては理解しがたいクセが今でも残っています。それは誘拐嫁入りです。フィールドではアラ・カチューと呼ばれていて、嫁入りのために女性がいれば誘拐しても大丈夫に関して謎なクセです。たとえば、きれない奥さんとコミュニティ嫁入りしたいと思ったら、近所たちに頼んで誘拐してきてもらうのです。勿論この際の奥さんの気持ちはスルーです。嫌がろうが、いまや旦那がいようが、必ず連れてくる。誘拐を特有した男性は、自宅でイスラム教範疇の結婚を準備して待機します。そうして必ず結婚をさせられた女性に代替は残されていません。これは神秘の導きだ、といわれ説得されます。でも奥さんの気持ちが著しい場合は、人里離れた場所に連れて壊れ、あきらめるまでその真新しい男性と暮らしできるのです。我が国だと完全に犯罪です。男尊女卑のイスラム圏の実態を思い切り表していますが、これまで多くのアベックはこういうアラ・カチュー仕法で結婚してきました。今どきロマンス嫁入りが増えてきたとはいえ、誘拐嫁入りは引き続き減りみたいにありません。専門家に任せることで解決できる借金問題があります